Manzanar National Historic Siteとは第二次世界大戦中に当時米国在住の日系人が収容されていた施設の1つ。

2017年末のことだったか、この地のことを聞いて理由はよく分からないけど、とても行きたい気持ちになっていた自分がいました。 ただし、サンフランシスコ・ベイエリアからは非常に遠いんです。Yosemiteの山を超えた向こう側。1人だと日帰りでがんばれなくもない距離なので、1泊で行くのはちょっともったいない距離。迷ったものの日帰りで行っちゃいました。走行距離は835.5mile(1344.6km)。日本だと、東京から広島県尾道市の往復くらいの距離。

感じたことの一端をブログに残そうと思いてます。

Manzanarで感じたこと

つい先日「サンフランシスコ・ベイエリアと日本の歴史」に関して、サンフランシスコ領事館の加藤さんが分かりやすく詳しく書いたスライドを公開してくれています。すばらしい資料なので、興味のあるかたは一読してみてください。


この中にも説明されていますが、第二次世界大戦中の日系人強制収容所は米国に10箇所あり、Manzanarはそのうちの1つで、主にロサンゼルス周辺に在住だった方々が収容されていたそうです。
さて、今までの自分なら「大戦中に敵視されるのは自然」という理解で通り過ぎていたと思いますが、現地での生活を経験したからか通り過ぎることはできませんでした。「日系二世は?」「日系人だけど米国国籍の人はどうなったんだろう?」という疑問が浮かんだからです。米国で生まれれば米国国籍を保持できる訳ですから。
でもその答えは「収容されていた」です。特に日系二世で収容されていたご本人の気持ちを考えると、複雑だっただろうな・・・と感じました。

こんなことは二度と起こさないようにしないと、と感じました。

現地にあった国旗。第二次大戦中はアラスカとハワイは州ではなかったので星の数は48。

納得しかなかった1枚:「わずかな一時の安全を得るためにかけがえのない自由を棄てる人々は、自由も安全も与えられる資格がない」

ここからの風景。グラデーションが見事過ぎる。

実は12amを超えていて日帰り失敗の証拠&Livemoreから39.0mile/g(16.58km/l)の燃費。いろいろがんばった。

2018年7月29日に公開した「Staubで豚バラの角煮」がCookpadの人気検索でトップ10に入りました!!

レシピはこちら → Staubで豚バラの角煮

Cookpadでレシピの公開まで

「美味しい日本食は自分で作ったほうが・・・」といつからか思い始め、ただレシピを 知らないので作りようがなかったのです。そして使い始めたのがCookpadでした。 メニュー名を検索したら作り方が出て来て便利で作り始めましたが、レシポを保存するのは上限があって、 それを無料で超えるための方法が「つくれぽ」(レシピを試して写真付きで投稿する)がでした。 ということでした。なのでせっせとつくれぽの投稿を開始。もうCookpadさんの思う壺みたいな・・・。 で、公開されていたレシピをアレンジしたら自分好みになったという体験をして「これはメモ代わりに レシピを公開しちゃおう」と公開開始したのが2018年1月。

そして何気に2018年7月29日にこれもアレンジでStaubで豚バラの角煮 を投稿したら、9月に「人気検索でトップ10入り」という嬉しいことになっていました。

「豚バラ角煮」で検索するとトップ10にリストされます。素直に嬉しいです。

気になる方は試してみてください!そしてつくれぽください!!

ストウブという鍋

蒸し調理で有名な鍋のストウブです。この鍋を買ってからいろいろと発見があって楽しいです。 購入のキッカケは「この鍋があれば自宅で燻製ができる」でしたが、燻製のみならず、 煮物料理は本当に美味しくなるので、他の鍋と比べると少し高いですがその価値は十分にあると思っています。

特徴は「無水鍋」という名前の通りで、例えばこのレシピの豚バラだったり、カレーがほとんど水分無しで作れたりするんです。 どちらも、水ゼロではないですが、ほぼゼロです。

僕の場合は玉ねぎの水分を利用することが多いです。水分も野菜から摂っているので出来上がった料理も 美味しくなるのは当たり前くらいな感じですよね。

この鍋のお陰もあって、本当に料理が楽しくなりました。「高い鍋を使い倒さねば」という義務感に近い モチベーションも購入当初はあったはずですが、それを超えて最近は「これ無水鍋で調理したら美味しそう」 という探究心に変わったように思います。

出会いに感謝です。

ちなみに、米国amazon.comでクリスマスは安かったです。



これからもレシピは上げていく予定ですので、またよかったら覗いてみてください!

アカウントはあーるカワイでやっています。

「ESTAで米国入国するときに時に最低何ヶ月パスポートの有効期限があればよいのだろう?」という疑問から調べてみたときのメモ。

結果から言うとこんな解釈かな。

「6ヶ月以上である必要はないけど、90日あると問題なさそう」

Six-Month Club

U.S. Customs and Border ProtectionのサイトにSix-Month Club Updateというページがあります。「Six-Month Club Update」というのは個人ではなく国の単位で参加するプログラムで、加盟している国のパスポート保持者(例外もある)は滞在者個人に対して滞在予定後から6ヶ月以上のパスポート有効期限があることという入国時の条件が免除される、というものです。(英文はこちら:Visitors traveling to the United States are required to be in possession of passports that are valid for six months beyond the period of their intended stay in the United States.)

知りたいのは逆の場合の「このプログラムに加盟している国のパスポートを保持している滞在予定者の場合の必要なパスポート有効期限」です。ですがこれについてはU.S. Customs and Border Protectionは詳しくは言及していません。しかし、例えばこのサイトでは「必要最低限のパスポート残存期間は帰国予定日までの有効なパスポート」があることが望ましいとしています。確かに正しくて「文字通り理解すると」という立ち位置での意味の書き方かな、みたいな印象なので、これを信じるのもちょっとリスキーかなと感じました。入国できず強制送還は避けたいものですので・・・

合理的な判断をすると

ESTAで滞在する場合の期限は連続滞在90日ですので「最低90日あれば説明もつけられるかな」と判断しました。

「日本時間の今って、西海岸時間だと何時だっけ?」というのなら複数のTimezoneを表示できるアプリでもあればそれで問題ありません。 Chrome Extensionには便利なのがいくかあって、今までは、Chrome Extension(拡張機能)のWorld Clocksを使ってました。このアプリだと現在の時間を元にした各地の時間は分かるのですが、ではスケジュールを調整するとき、

  • 日本時間で13:00って、米国西海岸時間だと何時?
  • 米国西海岸時間で20:00って、日本時間だと何時?そして更に、米国東海岸時だと?ロンドンは?

とかなると、考える必要がありました。(少なくとも私の場合ww)ここを何とかしたいと思って作り始めたのが「Timezon Clocks」です。見た目は今まで使っていたWorld Clocksとほぼ同じにしています。

モチベーションとなった「Timezoneが複数またがる時間を同時に表示する機能」にいてはこう解決しました。

「同時に時間をババっと動かす」

です。こんな感じ↓。

無駄に動かすのも気持ち良いですw

Timezoneの設定はインストールされているChrome毎にではなく、ChromeにGoogleアカウントでログインしていれば、他のコンピュータのChromeとも共有されるようになっています。

ということで、もしよかったらお使いください〜!

インストールはこちから → [ Timezon Clocks (Chrome Web Store) ]

Wikipediaで調べて、引用のためにURLをコピペすることがよくあります。

でも例えば、現在開催中のワールドカップ。WikipediaのURLは大抵のウェブブラウザだとURLバーには

https://ja.wikipedia.org/wiki/FIFAワールドカップ

と見えている。そう、こんな感じで。

なのですが、そのURLをコピペするとこうなっちゃうんです。

URLエンコードってやつですね。ありがたいことに、ブラウザさんは人の目に優しく表示してくれてるのですがコピペするにはやっぱり困ります。

というのがキッカケでWikipedia URL ShortenerっていうChrome Extensionを作ってみました。

Wikipedia URL Shortener

さっきのFIFAワールドカップのWikipediaのページのURLはこうなります。

https://ja.wikipedia.org/?curid=288053

URLが短く、そしてシンプルになります。
(モバイルのブラウザではExtension自体がサポートされていないので利用できません)

動作している状態がこちらです。

WikipediaのIDでURLを取得したいページを表示して、地球儀みたいなボタンを押す、以上です。

動作に関して

WikipediaのURLをIDを使って短くする仕様上、wikipedia.orgのドメインでしか動きませんので、インストールして「あれっ??動かない。。。orz」となって、すぐに削除せずに以下の手順で試してみてくださいね。

  1. FIFAワールドカップ を表示
  2. URLバーの右隣に出てくるであろう、地球みたいなExtensionのアイコンをクリック

こんな手順でお願いします!!

経緯:他にも方法はあるのですが、、、

GoogleさんのURL Shortenerとかbitlyさんのとかあるので、単純に「URLを短くしたい」という要望ならばこういった既存のサービスを使うのも手ですし、またテキストのみのフォーマットで文書を書いていない限り「ハイパーリンクにしてしまう」というのも可能です。なのですが、何となく他に頼らないでよいようなのがいいな〜、と思い調査を始めたところ、この記事に行き着きました。

WikipediaのURLを短縮する方法

「おおっ、なるほど。できるじゃん。」ってなったけど、使いたい時にこのサイトに来るのも現実的じゃないし、ということでChrome Extensionにしてしまったという流れです。

おわりに

久しぶりだったのでこのチュートリアルからはじめました。楽しかったです!次はTimezoneに関わる不自由なのを解決できるのでも作ってみようと思います。