Immersive Web Meetupを開催したよ!

2019年9月13日(金)にメルカリさんで「Immersive Web Meetup」を開催しました。
9月16日から1週間の日程でTPAC(W3C年次会議)が福岡であり、せっかくの機会なのでTPACに参加されるついでに東京に立ち寄るW3C関係者の方々をお招きして コミュニティに向けてお話をしていていただきたい!と想いを込めて企画しました。2015年にTPACが札幌であったときにもWeb Music Developer [email protected]札幌と題して札幌で開催しています。懐かしいです。

展示も行いました!

映像のXRと音楽のAudio、MIDIという区分で切らず、2つを混ぜ合わせたMeetupにすることで「Immersiveな世界はウェブでも実現できる」をより実感していただくことを意識して展示枠も設けました。そして当日は以下の5つの展示をしていただきました。

  • AR切り絵 - AR Clock Tower, 着せ替え天気予報 by @kageori_w
  • webARであそぶ!デジタルファッション by @saharu54
  • Web360Square by @AtonKish
  • Sound Engine for Web Based Novel Game by @aike1000
  • 音に反応して動くMIDIコンバータ by @sascacci
  • Web360Square by @AtonKish

Meetupでの展示というのは、個人的には初の試みでしたがやはり対象のAPIが「見て、聞いて」という感じるが主体なこともあり、展示場所周辺は人だかりで盛り上がっていました!
なのですが、非常に残念ながら写真撮影を失念、、、、という大失態。写真でのご紹介ができなくて非常に残念です・・・ごめんなさい。

Talk Session

お話をしてくださったのは、Hongchan ChoiChris Wilson、それから羽賀 流登さんの3名です。

「9 Years of Web Audio」 - Hongchan Choi

(スライドはこちら)

Web Audioが最初に実装された2010年から今までの経緯、そしてこれから議論が始まる Audio Device Client の紹介と続きました。 英語ではありますが、スライドにコメントが完璧に書かれているので、詳細はそちらで! 身近で見ていたこともあり、自分自身は、現在に至る歴史、W3Cでのプロセスに関する内容を改めて振り返ると、標準化の難しさ、大変さを改めて感じました。

「WebXR: AR and VR on the Web」 - Chris Wilson

(スライドはこちら)

WebXRのキーとなるピース、そしてウェブでのVR、ARの状況(実装方法も含む)、そしてW3CのでのVR、ARを扱うImmersive Web WGの状況、 そして最後に音がImmersiveを広める大きなキー技術になる。そしてWeb Audioはすでに3Dオーディオが実装されていて、 WebXRを簡単に実装できるThree.jsやA Frame経由でも利用できることが紹介されました。 3Dオーディオも含めて、Three.jsやA Frame経由で手軽に実装できるという点はサクッと作るときにはホントに便利だと感じます。今後、事例が増えることに期待しています。

「PlayCanvasで始めるWebXR」 - 羽賀 流登

WebXRやるならPlayCanvasががとても良い、というお話。実例、またそのデモも含めた内容でした。 第三者が体験しているVRな世界を、各自がもっている端末のブラウザを通して皆で同時に共有して眺めるシステムが非常に印象的で、ここまでできるのか?!とビックリしました。

おわりに

Web Audio、WebXRの両面からのTalk Session、また展示を行うことで「Immersiveな世界はウェブでも実現できる」ことに対して更なる可能性を最も感じていたのは自分自身だったのかもしれません。参加いただいたみなさんも、そうであると嬉しいです。そして自分自身は「ウェブはいい」というのを改めて認識することになりました。
Meetup全体に関しては、WebXRとWebAudio(Music)が一緒にMeetupを行い、展示枠も設けるという初の試みばかりでどうなるのかという心配はありましたが、結果的には「見て、聞いて、感じてもらう」ことが実現できたと感じていてホッとしております。
こういったクロス・コミュニティでMeetupを行い、未来を感じる、というのはホントによいですね!!また機会がありましたら検討したいと思っています。

最後になりましたが、今回会場をご提供いただきましたメルカリさん、そして軽食のスポンサーをしていただきましたGoogleさんには心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

左2人目から、Hongchan、Chris、えーじさん
羽賀さん
豪華受付の方々!ありがとうございました!