ESTAでの米国入国時のパスポートの有効期限は先90日あるのが望ましい(2018年現在)

「ESTAで米国入国するときに時に最低何ヶ月パスポートの有効期限があればよいのだろう?」という疑問から調べてみたときのメモ。

結果から言うとこんな解釈かな。

「6ヶ月以上である必要はないけど、90日あると問題なさそう」

Six-Month Club

U.S. Customs and Border ProtectionのサイトにSix-Month Club Updateというページがあります。「Six-Month Club Update」というのは個人ではなく国の単位で参加するプログラムで、加盟している国のパスポート保持者(例外もある)は滞在者個人に対して滞在予定後から6ヶ月以上のパスポート有効期限があることという入国時の条件が免除される、というものです。(英文はこちら:Visitors traveling to the United States are required to be in possession of passports that are valid for six months beyond the period of their intended stay in the United States.)

知りたいのは逆の場合の「このプログラムに加盟している国のパスポートを保持している滞在予定者の場合の必要なパスポート有効期限」です。ですがこれについてはU.S. Customs and Border Protectionは詳しくは言及していません。しかし、例えばこのサイトでは「必要最低限のパスポート残存期間は帰国予定日までの有効なパスポート」があることが望ましいとしています。確かに正しくて「文字通り理解すると」という立ち位置での意味の書き方かな、みたいな印象なので、これを信じるのもちょっとリスキーかなと感じました。入国できず強制送還は避けたいものですので・・・

合理的な判断をすると

ESTAで滞在する場合の期限は連続滞在90日ですので「最低90日あれば説明もつけられるかな」と判断しました。

Sonic Boom! (Google I/O'19)

Published on May 15, 2019

Continue reading